読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーディオマニア必見:古いオーディオをお得に処分する方法!

自宅の整理や引っ越し、オーディを買い換え等で、古いオーディオを処分するのに自治体や不用品回収業者にお金を払って処分していませんか? 実はお得に処分する方法があるのをご存じでしょうか!それについてお話します。

レーザーターンテーブル

オーディオ

今はすっかりデジタルの音になれていますが、実家の物置には昔集めたレコードが眠っています。

処分するには思い出が詰まりすぎて、なかなかできません。

といって、アナログのレコードプレーヤーを入手しても置く場所に困るので、ちょっと無理とあきらめていますが。


アナログのレコードプレーヤーというと、どうしてもレコードの溝にゴミが入ったりしてノイズや針飛びを起こします。

音は豊かなんだけれど、ノイズがやっぱり気になります。

真空管アンプとアナログレコードプレーヤーの組み合わせ最高ですけどね。


そのアナログレコートプレーヤーの欠点をカバーする製品があります。
それは、レーザーターンテーブルです。

 

つまり、針の代わりにレーザーでアナログレコードの音溝から音を読み取るのです。

特徴は、

  •  非接触だからレコードを痛めない
  •  擦り音も発生しない
  •  音飛びやハウリングがほとんどない
  •  原音に限りなく近い


是非、聴いてみたくなりますよね。


しかし、このレコードプレーヤーは量産に向かない技術だそうで、大手のオーディオメーカーは開発していません。

価格はオープンですが、どうやら1台100万円はするようです。

普通の人は手出しできません。(;。;)


でも、マニアなら買う人はいるでしょう。

高価ですが、5年分割での支払いもあるそうです。


レーザーレコードプレーヤーはELPと言う会社が製造販売しています。

  ELPの公式サイト → こちら

試聴もできるそうです。

広告を非表示にする